各ブラウザのスーパーリロードの方法まとめてみた。

業務効率化

コーディング中、「Ctrl + S」と同じぐらい使うのがスーパーリロード。
普通のリロードと何が違うのかというと、スーパーリロードはキャッシュを無視してくれます。

「あれ?ここのCSS変えたのにリロードしても変わらんな??」というときに使うとCSSが反映されたりします。

各ブラウザで微妙にショートカットや方法が違ったりします。
覚えておくと便利なので、記事にしてまとめてみました。

スポンサーリンク

Google Chromeでスーパーリロード

メインで使っているGoogle Chromeさんのスーパーリロード。
もはや体が覚えています。

windowsmac
shift + 更新ボタンshift + 更新ボタン
ctrl + shift + rcommand + shift + r
ctrl + f5

Safari

Chromeと違うので注意です。
同じノリで押すと、リーダー表示になります。
ちなみにリーダー表示になった場合は、もう一度同じショートカットを押せば直ります。

windowsmac
shift + 更新ボタン

ショートカットではないのがちょっと面倒。

Firefoxのスーパーリロード

ほぼほぼChromeと同じ。

windowsmac
shift + 更新ボタンshift + 更新ボタン
ctrl + shift + rcommand + shift + r
ctrl + f5

Edgeのスーパーリロード

こちらもほぼほぼ同じです。

windowsmac
ctrl + 更新ボタン
ctrl + f5
ctrl + f5

IEのスーパーリロード

レアですが、クライアントからお願いされた場合はIEも確認しなければいけなかったりします。

windowsmac
ctrl + 更新ボタン
ctrl + f5

まとめ

ほぼほぼ「command + shift + r」もしくは「shift + 更新ボタン」でスーパーリロードできそうですね。
Safariはちょっと違うので要注意です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました